💕はりいごきます💕

🌙笑顔だから幸せ🌙幸せだから笑顔🌙

岐阜

音楽のような風

去り行く夏の日差し パラソルで よけながら ♪ 大垣市の はるかEPO 呼び止められた? 風のいたずらね

サムライ

片手にピストル 心に花束 ♪ 沢田研二を越え 関ヶ原古戦場へ あばよ ジェニー

ラブリー

ラブリー ラブリー ウェイ 息を切らす ♪ 小沢健二を越え 大垣市郊外へ 誰かと恋に落ちる

ふってあげる

I know I know 私は 今なら平気よ ♪ 大垣市郊外の 小学校へ この壁画 「we are the world」 春の到来を 松任谷由実

勝手にしやがれ

壁ぎわに 寝返りうって 背中で ♪ 沢田研二を越え 関ヶ原市内へ 今日はワンマンショー 派手なレコードでもかけて

僕笑っちゃいます

電車の扉が閉まる瞬間 急に君だけ ♪ 関ヶ原古戦場へ お天気は吉田拓郎 風見しんごが 心地よい 涙なんか こぼします あーあ

恋はノーリターン

思いっきり ひっぱたいたのは ガラになく 怖かったからよ ♪ 大垣市郊外へ お天気 松任谷由実 イカした車でも この愛は釣れない

チャコの海岸物語

海岸で 若い二人が 恋をする物語 ♪ 大垣市郊外へ お天気 曇った佳祐 星はなんでも 知っている

AMERICA

ロスからサンフランシスコへ 続くフリーウェイを ♪ 浜田省吾を越え 大垣市郊外へ 自分の好きなことをしよう 世界にチャレンジしよう

あぁ

あぁ あきらめないで 前だけ向いて ♪ 関ヶ原へ 大黒摩季 寂しくても 苦しくても 前だけ向いて

いまのキミはピカピカに光って

今の君は ピカピカに光って あきれかえるほど ♪ 斉藤哲夫を越え 関ヶ原 決戦の地へ お天気 だんだん 宮崎美子 あきれかえるほど ステキ

決戦は金曜日

この夜が だんだん待ち遠しくなる ♪ 関ヶ原の中村正人 お天気 なんとか吉田美和 近づいてく 近づいてく 決戦は

勝手にしやがれ

壁ぎわに 寝返りうって 背中で 聞いている ♪ 沢田研二を越え 大垣市の壁ぎわへ この作品は take my heart 私の心 奪われました

私はピアノ

人もうらやむよな仲が いつも自慢の二人だった ♪ 高田みづえを越え 美濃市郊外へ 美しい町並み ハマった佳祐 繰り返すのは ただ ロンリープレイ

怪盗ルビイ

誰かの熱いハート いつでも恋はきらめく謎ね ♪ 小泉今日子は 美濃市郊外へ 永瀬正敏な道のり 私のハート 盗まれました

マージービートで唄わせて

エリなしスーツで キメてた あの頃 ♪ 山下達郎を越え 岐阜県美濃市へ 竹内まりや なまこ壁 決まってます!

夏祭り

君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった ♪ 長良川鉄道 関口駅へ行ったリンジン この駅 どう見てもローソン 駅なの? ローソンなの? 空に消えてった 打ち上げ花火

大都会

あーあ 果てしない 夢を 追いつづけ ♪ 安八町の ソーラーアークへ 新幹線の車窓からは よく見えるけど 近くからは・・ 困ったキング

ダンシングオールナイト

甘いとき はずむ心 ♪ 安八町の ソーラーアークへ 新幹線の車窓から よく見えるけど 実際は どんなもんたよしのり

雪の週末

もう一度 あなたを 愛してもいいですか ♪ たった今井美樹 安八町のソーラーアークへ 全体がうまく撮れない・・ もう一度 撮り直してもいいですか

半袖

清らかな空 苦しくて 苦しくて ♪ たった今井美樹 墨俣一夜城へ 今日は 半袖の気分です

夢で逢えたら

夢でもし 逢えたら 素敵なことね ♪ 名鉄 広見線の終着駅 御嵩(みたけ)駅へ 一面一線のホーム 電車は すぐに折り返す また 逢いましょう

今走り出せば

飛び出して あしたのね とびらをね ♪ 中山道 御嵩(みたけ)宿へ 行きものがかり この道 どこまて続くんだろう ほら今 風になる

音楽のような風

音楽のような 風に吹かれていたら ♪ はるかepo 揖斐川町へ 背中越しに 呼び止められた 気がして

ゆめいっぱい

楽しいことなら いっぱい 夢見ることなら めいっばい ♪ 関ゆみ子を越え 岐阜 揖斐川町へ ともだち 探しに 行こうよ

原宿キッス

スカートのすそ アーアー ひょいと つまんで ♪ 岐阜の山奥にある 茶畑へ 刺激的だね たまらん俊彦

サマータイムブルース

天気図は 曇りのち 晴れの予報 ♪ 木曽川を渡辺美里 名鉄の廃線跡をぶらり 取り残されたの 私のほうで きっと自由になったのは 君ね

メロンのためいき

太陽がご機嫌 ななめなの 濡れた髪に雨粒 ♪ 山瀬まみを越え 中津川市郊外へ 雨上がり 心も晴れました 新たな出会いを 松任谷由実

愛が止まらない

ジャスト 愛しくて 止まらない もう ♪ この相田翔子 中山道をぶらり 面影残る 愛しい道が ずっと鈴木早智子 もう 止まらない

五線紙

ひとけない ホールの 折りたたみ 椅子たち ♪ 山下達郎を越え 中津川市へ ふらっと喫茶店 コーヒーを 一杯だけ内まりや 思い出の時計は あの日を指して 止まってる